コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Mühldorf Muhldorf

世界大百科事典内のMühldorfの言及

【ルートウィヒ[4世]】より

…ウィッテルスバハ家のバイエルン大公(在位1302‐47),ドイツ王(在位1314‐47),神聖ローマ皇帝(在位1328‐47)。反ハプスブルク派の支持を得,同家のフリードリヒ美王をミュールドルフMühldorfの戦(1322)で破るが,国王選挙認可権を主張するアビニョン教皇と争い破門さる。イタリア遠征(1327‐30)後は選帝侯,イギリス王と提携を深め,フランス王を牽制しつつ,国王・皇帝選挙への教皇の介入を拒否した(1338年の選帝侯の〈判告〉と〈帝国法〉)。…

※「Mühldorf」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Mühldorfの関連キーワードルートウィヒ[4世]

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android