コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

M 不連続面 えむふれんぞくめん

世界大百科事典内のM 不連続面の言及

【モホロビチッチ不連続面】より

…地下10~数十kmの深さにある地震波速度や密度の急増する境界。M不連続面あるいはモホ面と略称されることが多い。1909年,ユーゴスラビアの地球物理学者モホロビチッチAndrija Mohorovičić(1857‐1936)は,ザグレブ付近で起こった地震の走時曲線が震央距離200km付近で折れ曲がることに気づき,深さ50km付近に地震波速度の急増する面があると考えた。…

※「M 不連続面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

M 不連続面の関連キーワードグーテンベルク=ウィーヒェルト不連続面マルグレスの式(気象学)コラ半島超深度ボーリングモホロビチッチ不連続面グーテンベルクモデル超深層学術ボーリングマントル(地球内部)ジェフリーズモデル花コウ(崗)岩質層コンラッド不連続面地球の物理的性質ヘルムホルツ波モホロビチッチ地球内部構造モホール計画リソスフェア深海掘削計画地球の中心核核(地球)地球の構造

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android