コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

M1M2M3

外国為替用語集の解説

M1M2M3

マネーサプライ(通貨供給量)は、どの範囲までの預金を通貨に含めるかで、M1M2M3という指標に分けられる。M1は、現金通貨預金通貨の合計、狭義の意味での通貨量。預金通貨とは、預金者の要求でいつでも引き出すことができる流動性の高い預金。要求払預金といい、当座預金・普通預金・貯蓄預金・通知預金・別段預金・納税準備預金等がある。M2は、M1に準通貨を含めたもの。準通貨とは、解約することでいつでも現金通貨や預金通貨となり、決済手段として機能する金融資産。定期性預金(定期預金・据置貯金・定期積金)のこと。M3は、M2に郵便局・農協・信用組合などの預貯金や金銭信託を含めたもの。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

M1M2M3の関連キーワードマネーストック統計マネーストック

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android