MARCレコード(読み)まーくれこーど(英語表記)MARC record

図書館情報学用語辞典の解説

MARCレコード

書誌的記録を,一定のフォーマットによって,機械可読媒体上に記録したもの”(『日本目録規則1987年版改訂3版』用語解説).機械可読の形式により特定の書誌的記録や典拠の記録などを機械可読媒体上に収容したものがMARCレコードであり,同時にそれらのレコードは,書誌レコード所蔵レコード典拠レコードなど,その種類に応じた呼称で呼ばれる.個々のレコードは,情報交換用MARCフォーマットにおいては,レコードラベル,レコードディレクトリ,データフィールド群,およびレコード終端記号からなるが,各データ処理システム(目録システムなど)内のファイルやデータベースにおいては,通常,それらとは異なる構成をとることが多い.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android