MCP(除草剤)(読み)えむしーぴー

世界大百科事典内のMCP(除草剤)の言及

【2,4‐D】より

…また広葉雑草とイネ科植物との間の2,4‐Dの選択性の発現は,2,4‐Dの両種植物への吸収速度の差よりも,植物体内における移動速度が,広葉植物において大きいことによるものと考えられている。 2,4‐Dと同系列の除草剤であるMCP(商品名MCP,ヤマクリーンM)は2,4‐Dと類似の除草活性を示し,また2,4,5‐Tは非耕地,林地の灌木の殺草に用いられたが,現在は非登録となっている。2,4‐DやMCPの酢酸残基の代りに酪酸基を有するMCPB(商品名トロポトックス)は,マメ科雑草に選択毒性を示すので,それらの除草に用いられる。…

※「MCP(除草剤)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android