コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MIDIチャンネル [MIDI channel] ミディチャンネル

1件 の用語解説(MIDIチャンネル [MIDI channel]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

MIDIチャンネル [MIDI channel]

MIDIでやりとりされる情報は、それぞれに1から16までのチャンネル情報を持っていて、受け手のチャンネルと合致するものだけが受け付けられるようになっている。マルチティンバーのシンセサイザーや音源モジュールは複数の楽器(音色)を同時に発音させることができるが、それぞれの演奏情報、音色情報はテレビ電波のように特定のチャンネルで送受信される。例えばドラムは10チャンネルで、ベースがチャンネル2、ピアノがチャンネル1、ギターがチャンネル3などのように振り分ければ、演奏情報と音色が混同されることなくやりとりすることができる。どチャンネルにどの楽器を割り振るかは自由に設定できるが、GM規格では10チャンネルはドラム専用になっている。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

MIDIチャンネル [MIDI channel]の関連キーワード打ち込みウマ各層各部遣り通す遣り遂げる流流各省情報ハブ交換差金

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone