コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MIMEエンコーディング

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

MIMEエンコーディング

Internetメールにおいて、1行の文字数制限、メールの最大サイズの制限などを解消し、かつ文字以外のデータ(プログラムやビットマップなど)を送受信可能にするための規約。歴史的にInternetでは、1文字7bitのキャラクタコードを送受信するのが前提になっている。また過去の実装上の理由から、1行の文字数の制限やメール全体のサイズの制限もあった。手紙の本文をやり取りするだけならともかく、画像や音声などのバイナリデータを交換する必然性が高まった現在では、この仕様は大きな障害となってしまう。このような問題を回避するため、策定されたのがMIMEである。MIMEでは、今述べた各種制限を解消し、プログラムなどのバイナリデータをメールにアタッチし、ユーザーがこれを透過的に利用できるように、拡張使用が定義された。MIMEで拡張された仕様を用いて、日本語メッセージを7bitのJISコードにエンコードするための規格(RFC1468)が提唱されている(このRFC1468で規定される日本語キャラクタセットはISO-2022-JPと呼ばれる)。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

MIMEエンコーディングの関連キーワードInternetサービスプロバイダーDirecPCMicrosoft NetworkExtranetInternet常時接続Web ViewCATV InternetIETFInternet ExplorerVisual Basic Script

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android