コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MOS トランジスタ

大辞林 第三版の解説

MOS トランジスタ

〖metal-oxide semiconductor transistor〗
電界効果トランジスタの一種。金属(metal)・酸化物(oxide)・半導体(semiconductor)の 3 層構造をもち、抵抗率の制御を半導体中にキャリアを誘起することによって行う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

MOS トランジスタの関連キーワードディプレッション型MOSトランジスタエンハンスメント型MOSトランジスタシリコン・ゲルマニウム・トランジスタコンプリメンタリ型MOSFET複ゲートMOSトランジスタ接合型電界効果トランジスタMOS電界効果トランジスタスタティックMOSメモリダイナミックMOSメモリバイポーラ・トランジスタ電界効果トランジスターSiGe トランジスタ歪(ひずみ)シリコンMOSトランジスターコンプリメンタリ回路MOSトランジスタ接合型トランジスタMOS型集積回路大規模集積回路量子ホール効果

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android