コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MOS トランジスタ

大辞林 第三版の解説

MOS トランジスタ

〖metal-oxide semiconductor transistor〗
電界効果トランジスタの一種。金属(metal)・酸化物(oxide)・半導体(semiconductor)の 3 層構造をもち、抵抗率の制御を半導体中にキャリアを誘起することによって行う。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

MOS トランジスタの関連キーワードディプレッション型MOSトランジスタシリコン・ゲルマニウム・トランジスタエンハンスメント型MOSトランジスタコンプリメンタリ型MOSFETMOS電界効果トランジスタエレクトロニクス史(年表)複ゲートMOSトランジスタ接合型電界効果トランジスタスタティックMOSメモリダイナミックMOSメモリバイポーラ・トランジスタSiGe トランジスタコンプリメンタリ回路歪(ひずみ)シリコン半導体ガスセンサーMOSトランジスタ接合型トランジスタMOS型集積回路双極型集積回路量子ホール効果

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

MOS トランジスタの関連情報