コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MOX燃料加工工場

1件 の用語解説(MOX燃料加工工場の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

MOX燃料加工工場

プルトニウムとウランの混ざった粉末(MOX)を使い、商業用の原発で燃やす「燃料集合体」に加工する施設。粉末は、同じ敷地内にある日本原燃再処理工場で、使用済み核燃料から生産される。加工工場の従業員数は300人で、建設費は1300億円の計画。原燃は12年10月の操業に向けて、今年10月の工事開始を予定。だが、安全審査が終わっておらず、10月着工は困難な見通しだ。MOX燃料を燃やす政府の「プルサーマル計画」について、電気事業連合会は10年度までに全国16〜18基の原発で実施するとしているが、原発の地元自治体の説得が難航している。

(2007-09-07 朝日新聞 朝刊 青森全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

MOX燃料加工工場の関連キーワードイオニウムウラニウム核燃料劣化ウランプルトニウム爆弾アクチノウランプルサーマル計画プルトニウム239プルサーマルとMOX燃料

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

MOX燃料加工工場の関連情報