コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MRJ(ミツビシ・リージョナル・ジェット)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

MRJ(ミツビシ・リージョナル・ジェット)

三菱重工業とその子会社三菱航空機がてがける小型ジェット旅客機。経済産業省が事業者を公募し、これに応じた三菱重工が2008年から開発を本格化させた。座席数は約70席と約90席の機種がある。 この日飛んだ約90席のタイプは、カタログ価格が4730万ドル(約58億円)、巡航速度マッハ0.78、航続距離は最長タイプで3770キロ。全長は35.8メートルジャンボの約半分だ。 「リージョナルジェット」は地方空港と拠点空港などを結ぶことを想定した座席数100席以下の小型ジェット旅客機だ。この分野では、カナダボンバルディアブラジルのエンブラエルが世界2強。

(2015-11-11 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

MRJ(ミツビシ・リージョナル・ジェット)の関連情報