コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MRJ(ミツビシ・リージョナル・ジェット)

1件 の用語解説(MRJ(ミツビシ・リージョナル・ジェット)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

MRJ(ミツビシ・リージョナル・ジェット)

三菱重工業とその子会社三菱航空機がてがける小型ジェット旅客機。経済産業省が事業者を公募し、これに応じた三菱重工が2008年から開発を本格化させた。座席数は約70席と約90席の機種がある。 この日飛んだ約90席のタイプは、カタログ価格が4730万ドル(約58億円)、巡航速度マッハ0.78、航続距離は最長タイプで3770キロ。全長は35.8メートルジャンボの約半分だ。 「リージョナルジェット」は地方空港と拠点空港などを結ぶことを想定した座席数100席以下の小型ジェット旅客機だ。この分野では、カナダボンバルディアブラジルのエンブラエルが世界2強。

(2015-11-11 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

MRJ(ミツビシ・リージョナル・ジェット)の関連キーワード三菱重工業航空機産業MRJ(完成予想図)岡野保次郎河野文彦斯波孝四郎丹羽周夫藤井深造新三菱重工業[株]三菱航空機[株]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

MRJ(ミツビシ・リージョナル・ジェット)の関連情報