MS-IME(読み)エムエスアイエムイー

パソコンで困ったときに開く本の解説

MS-IME

 マイクロソフトの日本語入力ソフトの名前で、ウィンドウズやマイクロソフト・オフィス、ワードなどに標準で付属しています。マイクロソフト・オフィス2003まではウィンドウズと共通のMS-IMEが付属していましたが、オフィス2007からは独立した「Microsoft Office IME」が付属するようになりました。オフィス2007にはIME2007、オフィス2010にはIME2010が付属します。入力途中で変換候補が表示される「予測入力」など、ウィンドウズ標準のものより多機能になっています。

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報