MaaS(マース)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

MaaS(マース)

「モビリティー・アズ・ア・サービス」の頭文字をとった、欧州発の新しい移動の概念もとは、鉄道タクシーといった複数交通手段を、決済を一元化するなど一つのサービスとして利用できるようにすることを指した。明確な定義はなく、自動車やIT業界が新しい事業領域として取り上げて注目を集める。ライドシェアやカーシェアが代表格とされることも多い。

(2019-02-07 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

MaaS(マース)の関連情報