コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Magic Cap まじっくきゃっぷ

1件 の用語解説(Magic Capの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Magic Cap

General Magic社が開発を行なっていたPIC呼ばれる個人用情報ツールのためのOS。指やペンで画面に表示されているグラフィックに触れたり(タッチ)、画面上を移動したり(スライド)する2つの動作「タッチ&スライド」だけで基本操作を行なうことができる。Magic Capの基本画面は個人的な情報を扱う机のシーン(Desk)、ソフトウェアのある部屋のドアが並ぶ廊下のシーン(Hallway)、外部とのコミュニケーションを行なう市街のシーン(Downtown)から構成される。また、Telescriptを標準でサポートし、高度なオンラインサービスを受けたりコミュニケーションを行なったりできる。NTT子会社エヌティーティーファン企画では、1997年まで、Magic Cap端末であるMagic Linkを用いたサービスであるPaseo(パセオ)の運営を通してMagic Cap端末の可能性の検証などを行なっていた。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Magic Capの関連キーワードSHTTPクリアビジョンSPARC製品開発段階社会開発インデオソラリスビジュアルベーシック

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone