コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Marāgha Maragha

世界大百科事典内のMarāghaの言及

【天文台】より

…清朝の康熙13年(1674),ヨーロッパからの宣教師F.フェルビーストは,諸種の新しい観測器械を増設し,この北京天文台を拡充した。 イスラム系の天文学が栄えた中央アジアでは,1258年,イル・ハーン国の創設者フレグが,現在イランの北西境にあるマラーガMarāghaに巨大な天文台を作り,ナシール・アッディーン・アットゥーシーを台長とした。その後,1428年にはティムール朝の名君ウルグ・ベクがサマルカンドに天文台を作り,地下深く斜めに掘り下げた観測坑が今なお残されている。…

【ナシール・アッディーン・アットゥーシー】より

…トゥースに生まれ,バグダードで没。フレグのイラン侵攻後は,その政治顧問となり,彼がフレグの命によって建設した天文台がアゼルバイジャンのマラーガMarāghaに残っている。哲学者として彼はイブン・シーナーの存在論の真意を把握し,近世イラン哲学の主流である〈存在の根源的実在性aṣāla al‐wujūd〉の説の基礎を築いた。…

【マラーゲ】より

…人口12万9000(1994)。マラーガMarāghaとも呼ばれる。オアシスに依存したブドウやアンズの生産で有名。…

※「Marāgha」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone