コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Mawlāy al-Rasīd MawlayalRasid

世界大百科事典内のMawlāy al-Rasīdの言及

【アラウィー朝】より

…聖者崇拝思想の発展とポルトガルやスペインに対する排外的なジハード(聖戦)意識の高揚を土台に,ムハンマド・アッシャリーフをスルタンとしてターフィーラールトに建国(1631),40年には,アラウィー家のムハンマド・ブン・ムハンマドは,周辺地域を含む王とみとめられた。66年ムーレイ・アッラシードMawlāy al‐Rasīdがフェスを征服,そこを都としてモロッコを統一した。ムーレイ・イスマーイールMawlāy Ismā‘īl(在位1672‐1727)は黒人奴隷軍団al‐Bukhārīを編成して強大な兵力を誇る一方,首都をメクネスに移して国家組織を整備し最盛期を築いた。…

※「Mawlāy al-Rasīd」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Mawlāy al-Rasīdの関連キーワードラス癌遺伝子細胞内情報伝達機構Ras生体膜マイクロドメインマワーリームッラーメウレウィー教団メクネスマワーリーメフレビー教団

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android