コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MetaFrame

1件 の用語解説(MetaFrameの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

MetaFrame

米シトリックス(Citrix)社が開発した、シンクライアント/サーバー集中管理型コンピューティングを実現する技術や製品群の名称。端末側にアプリケーションそれぞれインストール/実行するのではなく、端末側ではターミナルアプリケーションのみ実行して、個々のアプリケーション(サービス)はサーバー側で集中管理・実行し、その結果だけをターミナルに表示するというもの。これにより、端末側の必要リソースを軽減できる、幅広いOSを利用できる(Windows 3.1以降のWindowsMS-DOSMac OSJavaLinuxなど)、必要に応じてサーバー側のリソースをスケーラブルに変更できる(演算処理の多寡に合わせて割り当てるリソースを動的に変更する負荷分散にも対応)、などのメリットがある。なお、同社では2005年5月にMetaFrameを実現する製品群の名称を『MetaFrame Access Suite』から『Citrix Access Suite』に変更している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

MetaFrameの関連キーワードXen

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone