コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MetaFrame

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

MetaFrame

米シトリックス(Citrix)社が開発した、シンクライアント/サーバー集中管理型コンピューティングを実現する技術や製品群の名称。端末側にアプリケーションをそれぞれインストール/実行するのではなく、端末側ではターミナルアプリケーションのみ実行して、個々のアプリケーション(サービス)はサーバー側で集中管理・実行し、その結果だけをターミナルに表示するというもの。これにより、端末側の必要リソースを軽減できる、幅広いOSを利用できる(Windows 3.1以降のWindows、MS-DOS、Mac OS、Java、Linuxなど)、必要に応じてサーバー側のリソースをスケーラブルに変更できる(演算処理の多寡に合わせて割り当てるリソースを動的に変更する負荷分散にも対応)、などのメリットがある。なお、同社では2005年5月にMetaFrameを実現する製品群の名称を『MetaFrame Access Suite』から『Citrix Access Suite』に変更している。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

MetaFrameの関連キーワードXenリモートデスクトップ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android