コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Microsoft Network

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Microsoft Network

Windows 95を使用した情報サービスの一環としてMicrosoftが開始した商用BBS。略してMSNと呼ばれることが多い。基本的には、このMSNもCompuServeやNIFTY-Serveなどの商用BBSと同じ位置づけのネットワークサービスで、アクセスには時間に応じたアクセス料金がかかる。ネットワークサービスも他のBBSとほぼ同等で、電子メール(Internetとのメール送受信も可能)や電子掲示板、チャット、ファイルのダウンロードなどが行なえる。ただしNIFTY-Serveなどはキャラクタベースのインターフェイスを前提にしており、基本的に接続に参加するクライアントOSを選ばないのに対し、MSNはバイナリインターフェイスを含む独自の通信プロトコルを持ち、Win95に付属するアクセスツールからしかアクセスできない。MSNの接続インターフェイス仕様は一般には公開されていない。つまりMSNにアクセスするには、現時点ではWindows 95が必須である。将来はWindows NTなどからもアクセス可能になると思われるが、いずれにせよMicrosoft社製OSからしかアクセスできないものと思われる。またMSNは、Internetとも接続されており、MSNユーザーは、MSNのサービスを受けられると同時に、MSNを経由してInternetに接続することも可能である。つまりMSNは、Internetプロバイダーとしての機能も果たすことになる。1995年末に発表されたMicrosoftのInternet戦略の見直しにより、MSNは当初のBBSサービスから、Internetプロバイダーとしての性格をむしろ強めつつある。MSNのサーバーシステムは、Windows NTマシンを数百台規模で高速ネットワーク接続された水平分散システムだといわれている。すでに日本からもアクセスが可能だが、国内にはサーバーは設置されておらず、現在はアクセスポイントを経由して、米国のサーバーに接続する方式をとっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

Microsoft Networkの関連キーワードWindows 95

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android