コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Microsoft Update マイクロソフトアップデート

2件 の用語解説(Microsoft Updateの意味・用語解説を検索)

パソコンで困ったときに開く本の解説

Microsoft Update

 ウィンドウズだけでなくオフィスなどマイクロソフト製のソフトの更新をまとめてチェック、実行できる機能のことです。初回の利用時に、ウィンドウズのライセンス認証を確認する手続きが必要になることがあります。

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Microsoft Update
まいくろそふとあっぷでーと

マイクロソフト社がインターネットを介して顧客に提供するソフトウェアの無償アップデートサービス。オペレーティングシステム(OS)としてWindows(ウィンドウズ)を組み込んだパソコンに対し、ソフトウェアが最新に保たれ、安全に使用できるように、更新ファイルを定期的に提供している。パソコンがインターネットに接続されていれば、OSやデバイスドライバー、セキュリティプログラム、アプリケーション「オフィスOffice」などの自社製品の修正に必要なプログラムが提供される。自動更新を有効にすれば、ダウンロードやインストールなどの更新ファイルの導入作業は、自動で行われる。また、更新確認の時期や更新ファイルの導入方法は、利用者の都合にあわせて設定できる。
 1998年に発売されたWindows 98から、更新ファイルをインターネットで配布するWindows Updateというサービスが開始された。このサービスは、Windows関連のみに限定されたものであるが、それをマイクロソフト社の主要な製品に拡張したのが2005年に始まったMicrosoft Updateである。
 なお、同サービスを利用するためには、OSのWindowsが正規に購入されたものであることを確認する認証プログラム(Windows Genuine Advantage)によって、正規の利用者としての認証を得る必要がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Microsoft Updateの関連キーワードMicrosoft Windowsウィンドウズ98ウィンドウズMeバックオフィスMSオフィスマイクロソフトウィンドウズOpenOfficeウィンドウズパソコンウィンドウズ2000ウィンドウズNT

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone