コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Moḥammad ‘Alī Shāh MohammadAliShah

世界大百科事典内のMoḥammad ‘Alī Shāhの言及

【イラン立憲革命】より

…しかし,07年8月,イギリスとロシアがイラン議会を無視して,イランをおのおのの勢力圏に分割する協定(英露協商)に調印すると,国内の反立憲派の巻返し活動がにわかに活発化した。08年6月23日には,唯一の西欧式部隊であるコサック旅団を擁したモハンマド・アリー・シャーMoḥammad ‘Alī Shāh(1872‐1925,在位1907‐09)のクーデタが成功し,議会は解散させられ,立憲派は一時的後退を余儀なくされた(小専制)。これに対し,立憲制擁護・回復の闘いが都市を拠点に全国各地で展開される。…

※「Moḥammad ‘Alī Shāh」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Moḥammad ‘Alī Shāhの関連キーワードアブー・ムスリムイフシード朝イブン・アブド・アルハカムサイイド・ムハンマドの反乱サッファーフサヌーシー派十二イマーム派バーブ教バーラクザイ朝ミールザー・ハサン・シーラージー

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android