コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MorelE. モレル エドムンド

江戸・東京人物辞典の解説

MorelE.

1841〜1871(天保12年〜明治4年)【鉄道建設技師】日本の鉄道建設に、多大な足跡を残す。 新橋-横浜の鉄道建設中に死去。明治初期の御雇外国人。鉄道建築師長。イギリス人。ロンドンのキングス・カレッジで土木工学を学んだ。セイロン島などで鉄道建設に従事した後、1870年(明治)来日。明治政府に工部省の設立や技術教育の早期確立を提言した。初代鉄道兼電信建築技師長として新橋〜横浜間の鉄道建設の指揮をとるが、過労で肺結核を患い、死去。横浜外人墓地に後を追うように亡くなった婦人とともに葬られた。

出典 財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について 情報

MorelE.の関連キーワード廃藩置県天保の改革タイムズマーシャルインターナショナル新教育高田藩北海道開拓郵便切手日本科学史(年表)

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android