MtoM/M2M(読み)エムツーエム

デジタル大辞泉の解説

エム‐ツー‐エム【MtoM/M2M】[machine to machine]

machine to machine》機器同士がコンピューターネットワークを通じて直接情報をやり取りし、高度な処理や制御を行うこと。工作機械の制御、ビルの空調やエレベーターの運用管理、スマートグリッドによる電力供給制御などがある。マシンツーマシン。機器間通信。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android