コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Muḥammad b.Ṭughj MuhammadbTughj

世界大百科事典内のMuḥammad b.Ṭughjの言及

【イフシード朝】より

…935‐969年。初代のムハンマドMuḥammad b.Ṭughj(在位935‐946)が,アッバース朝カリフ,ラーディー(在位934‐940)から,イスラム以前の東北イランにおいて地方君主を意味したイフシードを称号として与えられたことから,この王朝の名称が起こった。ムハンマドはエジプトの政治的混乱を収拾するとともに,シリアの支配権も得て,モースルに根拠を置くハムダーン朝と対立した。…

※「Muḥammad b.Ṭughj」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Muḥammad b.Ṭughjの関連キーワードイフシード朝

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android