コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Mustafa Koç Bey MustafaKocBey

世界大百科事典内のMustafa Koç Beyの言及

【トルコ文学】より

…一方,ムスタファ・アーリー(?‐1606),ペチェビー(?‐1650),シラフダール(?‐1723)は,より簡素な文体で同時代史を記録し,キャーティプ・チェレビーナイーマ・エフェンディー(ムスタファ・ナイーム)は,独特の歴史哲学を確立した。またエウリヤ・チェレビーの旅行記,ムスタファ・コチ・ベイMustafa Koç Bey(生没年不明)のスルタンへの建白書などは,虚飾のない実務的な文体が特徴的である。 後期(18~19世紀前半)には,オスマン帝国の衰退にともない,文学活動も低調になり,ネディム,ガーリブ・デデGhālib Dede(1755‐98)が,古典詩の最後を飾ったにとどまる。…

※「Mustafa Koç Bey」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Mustafa Koç Beyの関連キーワードコソボナイーマ・エフェンディーキャーティプ・チェレビータラバニバルザーニー(Masoud Barzani)ベグアフマッド・シャウキーゾグ1世ドーソンナムク・ケマル

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android