Nアセチルガラクトサミン4硫酸

栄養・生化学辞典の解説

Nアセチルガラクトサミン4硫酸

 C8H18NO9S (mw301.27).遊離形は天然には見いだされていないが,D-グルクロン酸またはL-イズロン酸とβ1→4結合してコンドロイチン4-硫酸A,またはコンドロイチン硫酸の二糖繰返し単位を構成している.またUDP-N-アセチルガラクトサミン4-硫酸が家禽卵白や輸卵管に存在する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android