コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

N 極

大辞林 第三版の解説

N 極

〔North〕
棒磁石で、地球の北を指す方の磁極。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のN 極の言及

【磁極】より

…磁極と磁極の間に働く力(磁気力)はクーロンの法則によって与えられるが,この磁気力の大きさから磁荷(磁気量)の単位が定まり,SI単位系ではウェーバーWbである。磁極にはN極(+極)とS極(-極)とがあり,同種の極どうしは反発し,異種の極どうしは引き合う。磁針にしたとき,北を指すほうにあるのがN極である。…

※「N 極」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

N 極の関連キーワードフォスターのリアクタンス定理ド・モアブルの定理永久磁石同期機振動容量電位計磁気モーメントリチウム電池酸化還元電位磁気単極子磁気二重層モノポール極大・極小ダイオードフッ化黒鉛有理形関数エヌきょくかたより3倍体魚磁気単極ランダウ真空度

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

N 極の関連情報