NAS(ナトリウム硫黄)電池

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

NAS(ナトリウム硫黄)電池

ナトリウムイオンだけを通す特殊なセラミックスを用い、電気を蓄えることを可能にした電力貯蔵システム。充電式で繰り返し使うことができ、自動車のバッテリーなどで使用される鉛蓄電池と比べ、約3倍の電力を貯蔵することが可能。放充電に伴う劣化が少ないため、耐用年数は15年に上る。

(2006-09-02 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android