コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NATOとリビア、シリア

1件 の用語解説(NATOとリビア、シリアの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

NATOとリビア、シリア

2011年3~10月、NATOは国連安保理決議に基づき、内戦状態になったリビア軍事介入した。一般市民の保護を目的に、カダフィ政権軍に対して空爆や武器禁輸の監視などを実施、同政権崩壊を後押しした。一方、同様に内戦状態のシリアには、国連決議がないことから軍事介入はしていない。昨年以降、シリアからトルコへの越境攻撃が頻発したため、今年1月末からトルコに地対空誘導弾パトリオットを配備した。

(2013-04-10 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

NATOとリビア、シリアの関連キーワード国連安全保障理事会2段階付託国連ネパール支援団国連安保理決議1746国連憲章第7章東ティモール独立と国連安保理決議1695と1718国連安保理決議と議長声明国連への加盟北朝鮮制裁決議をめぐる専門家パネル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone