NATOとリビア、シリア

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

NATOとリビア、シリア

2011年3~10月、NATOは国連安保理決議に基づき、内戦状態になったリビア軍事介入した。一般市民の保護を目的に、カダフィ政権軍に対して空爆や武器禁輸の監視などを実施、同政権崩壊を後押しした。一方、同様に内戦状態のシリアには、国連決議がないことから軍事介入はしていない。昨年以降、シリアからトルコへの越境攻撃が頻発したため、今年1月末からトルコに地対空誘導弾パトリオットを配備した。

(2013-04-10 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android