NCSE(読み)えぬしーえすいー

知恵蔵miniの解説

NCSE

非けいれん性てんかん重積状態(nonconvulsive status epilepticus)の略称。繰り返し自律的に脳が過剰興奮を起こす慢性の脳疾患「てんかん」のうち、突然倒れるなどのけいれん発作を伴わず、その状態が5分以上持続あるいは反復するもののこと。急性脳症・脳血管障害・腫瘍・外傷など頭部の疾患により起こると考えられている。NCSEになると、凝視・反復性の嚥下(えんげ)運動・認知機能の低下・意識障害などの症状を呈し、昏睡・心肺停止に至ることもある。2014年時点で、NCSEは社会的のみならず医師界においても認知度が低いうえに公式診断基準がないこともあり、多くは適切な診断・治療がなされていないとみられている。

(2015-4-16)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android