NIE(エヌアイイー)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

NIE(エヌアイイー)

NewspaperinEducationの略。学校などで新聞を教材として活用すること。日本新聞協会が1996年にNIE事業を推進し始め、98年に設立された日本新聞教育文化財団に引き継がれた。今年度のNIE実践指定校は全国で533校。

(2011-01-12 朝日新聞 朝刊 長野全県 2地方)

NIE(エヌアイイー)

Newspaper in Education(教育に新聞を)の略。新聞を学校の授業などで教材として活用し、興味や関心の幅を広げる取り組みで、1930年代に米国で始まった。日本では日本新聞協会が85年に提唱し、学校ぐるみで取り組みを進める今年度の「NIE実践指定校」は全国で550校に上る。選挙権年齢の引き下げで、主権者教育の教材として新聞を活用した例も多い。

(2017-08-05 朝日新聞 朝刊 教育1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

NIE(エヌアイイー)の関連情報