Nelson,E.(英語表記)NelsonE

世界大百科事典内のNelson,E.の言及

【超準解析】より

… モデル理論を使う上述のやりかたでは全数学を一挙に超準化することはできない。ネルソンE.NelsonとフルバチェックK.Hrbacekは,1977年ころ通常の集合論(ツェルメロ=フレンケル理論)に新しい述語または定項(標準集合の全体および内的集合の全体)を加え,いくつかの公理(共起性の原理を含む)を追加して超準集合論を作り出した。この理論は現存の数学をすべて含み,また超準解析をも展開しうるつごうのよい理論である。…

※「Nelson,E.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android