コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Nexus 7 ねくさすせぶん Nexus 7

2件 の用語解説(Nexus 7の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

Nexus 7

グーグル社の7インチタブレット。日本国内向けとしては、初代が2012年9月25日に、2代目である新モデルが13年8月28日に発売された。
新モデルのハードウエアは、初代と同様にエイスース(ASUS)社が製造しており、CPUは、クアルコム社のSnapdragon S4 Proプロセッサ。2ギガバイトメモリ、5メガピクセルの背面カメラステレオスピーカーWi-Fi(2.4GHz/5GHz、802.11 a/b/g/n)、Bluetooth4.0、近距離無線通信国際規格であるNFCなどを搭載している。基本ソフト(OS)はAndroid4.3。
ディスプレイは1920×1200ドットで、初代よりも高解像度フルHDサイズは200ミリ×114ミリ×8.65ミリと、初代よりも若干スリムになっている。重量も290グラムと、初代の340グラムより50グラム軽くなった。一般的なタブレットは、10インチ程度のものが多く、7インチのNexus 7は、それらタブレットよりも小さいため、持ち運びに適しており、移動中でも、気軽にネットや、動画、音楽などが楽しめる。その他、Nexus 7は、ワイヤレス充電「Qi(チー)」に対応した世界初のタブレットとしても注目されている。
Nexus 7には、内蔵メモリが16GBと32GBのWi-Fiモデルと、SIMフリーLTE対応の32GBモデルの3種類がある。価格は27800円からとなり、ライバル製品であるアップル社の「iPad mini」の32800円より安い。ただし、iPad miniも新モデルが出るとのうわさがあるため、今後の小型タブレット市場の動向が注目される。

(横田一輝  ICTディレクター / 2013年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

Nexus 7

グーグルが開発した、同社初のタブレット端末。2012年7月中旬に発売。価格は199ドル(約16000円)。ディスプレイは米アップルの「iPad」より小さく、米アマゾンの「キンドル・ファイア」(いずれもタブレット端末)とほぼ同じの7インチ。OSには、より高速化された最新の「Android 4.1」(Jelly Bean)を搭載している。長時間の閲覧や動作の速さ、グラフィック処理に優れており、主に映画やゲーム電子書籍などでの利用が見込まれている。

(2012-06-29)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Nexus 7の関連キーワードファブレットグーグルアースグーグル+AndroidタブレットSurfaceタブレットグーグル日本語入力ネクサス10男梅タブレットヨーグレット

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

Nexus 7の関連情報