コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Ngo Si Lien NgoSiLien

世界大百科事典内のNgo Si Lienの言及

【大越史記全書】より

…漢文で書かれた編年体のベトナムの正史。はじめレ(黎)朝の史官ゴ・シ・リエンNgo Si Lien(呉士連)がチャン(陳)朝のレ・バン・フー(黎文休)編《大越史記》(1272)とレ朝のファン・フー・ティエン(潘孚先)編《大越史記続編》(1445)を書き改め,編目を新たにして中国から独立するまでを外紀全書5巻,ディン(丁)朝からレ朝成立までを本紀全書10巻として自撰し(1479),この書名でレ朝聖宗に上進した。その後16世紀に撰修された撰者不明の本紀実録6巻と,1665年にファム・コン・チュー(范公著)が編修した本紀続編3巻により神宗までのレ朝史が加えられ,23巻の正史が成った。…

※「Ngo Si Lien」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Ngo Si Lienの関連キーワード世界女性会議地雷禁止国際キャンペーンICBLNPO平和構築国連NGOシイルン岩ベトミングローバル・ガバナンス反グローバリズム