コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

No Amon NoAmon

世界大百科事典内のNo Amonの言及

【テーベ】より

…現在のルクソルの町を中心にナイル両岸にひろがる。古代エジプト名はウアセトWaset,旧約聖書ではノ・アモンNo Amon(〈アメン神の市〉の意)と記されたが,ギリシア人がボイオティアの同名の都市にちなんでテーベ(テーバイ)と呼んだ理由は不明である。都市としての発達は比較的遅く,古王国時代末期に始まり,ここを拠点とする第11王朝の成立とメンチュヘテプ2世(在位,前2061ころ‐前2010ころ)の王国再統一により,政治および宗教(アメン信仰)の中心地としての地位を確立した。…

※「No Amon」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

No Amonの関連キーワードフェルナンデス(Dominique Fernandez)エヴゲーニヤ エステス大阪府堺市堺区材木町西世界のおもな局地風お熱いのがお好き盗まれた独立宣言パスツール研究所バチカン美術館塚谷刃物製作所中野マサアキモンテーニュフランス銀行エクアドル高瀬友規奈シアヌークバカラックナイポールジャクソンEyeri黒葛原真奈

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android