コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

OECD(Organization for Economic Cooperation and Development)

外国為替用語集の解説

OECD(Organization for Economic Cooperation and Development)

経済協力開発機構。欧米などの先進国を中心とする加盟国間の協力によって、経済成長の促進、開発途上国への援助、世界貿易の拡大などを目指す国際機構。1961年、マーシャル・プラン(ヨーロッパ復興計画)の受入れ機関であったOEEC(ヨーロッパ経済協力機構)を改組して発足。日本は1964年に加盟、現在の加盟国数は30。本部はフランスのパリ。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

OECD(Organization for Economic Cooperation and Development)の関連キーワードフィリップ・ハロルド トレザイスポウル・W. マクラッケンドナルド・M. フレミングピエール・カルロ パドアントールキル クリステンセン経済協力開発機構原子力機関エコノミックアウトルックグリーン成長モデル都市I.R. バーネットウィラード ソープ経済産業諮問委員会グラントエレメント協働型問題解決能力オーイーシーディーアーサー ノーマンOECD原子力機関経済協力開発機構汚染者負担の原則A. マディソンOECD

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android