コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

OP 磁石

大辞林 第三版の解説

OP 磁石

〔oxide powder(酸化物粉末)から〕
磁鉄鉱と亜鉄酸コバルトの固溶体を材料とする永久磁石。600 ℃以下では時間がたっても磁性を失わず、耐酸性・耐衝撃性にすぐれている。任意の形にできる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のOP 磁石の言及

【永久磁石】より

…微小粒子によるものは,その単磁区構造に由来した大きな保磁力を利用するのであり,コバルトフェライトからできている。OP磁石(1933年,加藤与五郎,武井武が発明)や鉄およびFeCoパウダーなどがある。結晶磁気異方性によるものは,希土類・コバルト系のものであり,永久磁石の性能としてもっとも大きな値を示し,BH積が約30×106ガウス・エルステッド,保磁力約2万エルステッドのものが得られている。…

【酸化物磁石】より

…前者は合金であるが,後者はフェリ磁性体であるバリウムと鉄の複合酸化物(バリウムフェライト),またはストロンチウムと鉄の複合酸化物(ストロンチウムフェライト)を材料とする磁石である。 酸化物が磁石として開発されたのは,1933年日本の加藤与五郎および武井武によってで,コバルトと鉄の複合酸化物であるコバルトフェライトを用い,OP磁石と名付けられた。現在ではOP磁石に代わってバリウム系フェライトが代表的な酸化物磁石となっており,コバルトとかニッケルなどの高価な材料を用いていないことが有利な点である。…

※「OP 磁石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android