コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

OS仮想化 おーえすかそうか

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

OS仮想化

仮想ハードウェアを設けずに、実際の周辺機器などをそのまま利用し、ホストOS上で複数のゲストOSを実行可能にする仮想化方式。ハードウェアのアクセスがホストOSに依存しているため、高速に処理でき、ハードウェアもソフトウェア化せずにすむというメリットがある。半面、一般的にゲストOSはホストOSと同じものである必要がある。「Linux-VServer」、「Virtuozzo」、「OpenVZ」、「Solaris Containers」、「FreeBSD jail」などが代表例。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

OS仮想化の関連キーワードホストOS (仮想化)ベアメタル (仮想化)

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

OS仮想化の関連情報