コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

OS X Yosemite おーえすてんよせみて OS X Yosemite

1件 の用語解説(OS X Yosemiteの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

OS X Yosemite

通称「Mac」と呼ばれるアップル社のパソコン基本ソフト(OS)の新バージョンであり、OS X Mavericksの後継バージョン。2014年6月2日(現地時間)に、サンフランシスコで開幕した、WWDC(Worldwide Developers Conference)にて発表された。14年秋に登場予定。
Yosemiteでは、現行のiPhoneiPadの基本ソフト(OS)であるiOS7と同じ「フラットデザイン」が採用された。そのため、前バージョンのMavericksよりも、ボタンアイコンなどがシンプルになっている。また、機能面でも、iOSと似たUI(ユーザーインターフェース)が採用されている。例えば「通知センター」では、iOSの通知センターと同じく、近日中に控えているイベントリマインダー、誕生日などをすばやく一括でチェックできるほか、様々な情報を表示する「ウィジェット」の追加が可能になっている。また、ユーザーは、ホーム画面上からスワイプ1回の操作で通知センターへアクセスでき、カレンダー、天気、株価、世界時計、電卓などの利用も可能。
「Spotlight」と呼ばれる検索機能も進化した。新しい「Spotlight」は、画面前面の中央に表示され、Wikipediaニュースマップ、映画など、ウェブ上の様々な情報が検索できる。検索結果も以前より詳細表示となり、検索結果をクリックして、電子メールの送信や電話ができるなど、よりインタラクティブになった。
また、デザインやUIだけでなく、iOSとの連携や親和性も強化されている。例えば、近くにユーザー所有のiPhoneがあれば、iPhoneにかってきた電話をMacで受けたり、Macから電話をかけたりすることができる。更に、同時期に発売予定となっているiOS8を搭載したiPhoneとの連携であれば、iPhone上に表示されるSMS(ショートメッセージサービス)などのテキストメッセージを、Mac上にも表示できる。したがって、ユーザーは、iPhoneに届いたメッセージの返信をMacから送ることも可能。
「Handoff」も特筆すべき機能の一つ。Handoffでは、Macで行っている電子メールなどの文書入力作業の続きを、瞬時にiPhoneやiPadで再開できる。Handoffは、電子メールのほか、ブラウザーアプリの「Safari」、プレゼンテーションアプリの「Keynote」、マップ、カレンダー、連絡先などにも対応しており、サードパーティと呼ばれるアプリケーション開発業者がHandoff対応アプリを作ることもできる。

(横田一輝  ICTディレクター / 2014年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

OS X Yosemiteの関連キーワードiTunesMac OSアップルパイ海のパイナップルマックProあっぷるぐりむうれしいアップルすっきりとアップルたのしいアップルMac People

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone