Off The Job Training

ビジネス用語集の解説

Off The Job Training

Off The Job Trainingとは、
職場での業務を離れて行われるトレーニング、教育のこと。
主には社外研修がそれにあたる。

On The Job Training(OJT)の補完的な意味合いで実施する企業も多い。
近年では、職種や職位の階層によって実施されるOff-JTの種類が異なることもよく見受けられる。

出典 転職.jpビジネス用語集について 情報

世界大百科事典内のOff The Job Trainingの言及

【職業訓練】より

…人間の職業的能力の形成・向上は,学科教育を授ける学校教育,主として実技を授ける職業訓練,仕事をしながら習熟する職場訓練などによって達成される。通例,学校や職業訓練施設で行われる教育訓練をoff‐JT(off the job training),職場訓練をOJT(on the job training)と呼び区別している。これらの教育訓練制度は,工業技術の発達に伴う複雑な機械・装置の実現,多様かつ多種類の商品の登場,大規模経営を中心とする管理技術の発達などによって,手工業段階で支配的であった熟練職人養成のための徒弟制度に代わって,組織的かつ大規模に行われるようになってきた。…

※「Off The Job Training」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android