コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Orthobelus flavipes Orthobelusflavipes

世界大百科事典内のOrthobelus flavipesの言及

【ツノゼミ(角蟬)】より

…形態的にも日本産種には著しく変わったものは見られず,側方に突出する1対の角をもつか,前胸背が後方に伸長するくらいである。ツノゼミOrthobelus flavipes(イラスト)は体長が6~7mmで,山地のアザミやヨモギ類上で見られる。トビイロツノゼミMachaerotypus sibiricusは体長が5~6mm,各地にもっともふつうな種で多種な樹木上に生息する。…

※「Orthobelus flavipes」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Orthobelus flavipesの関連キーワードツノゼミ角蝉

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android