コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PC-9800シリーズ ぴーしーきゅうはちまるまるしりーず

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

PC-9800シリーズ

1982年から1990年代中頃まで、日本のパソコン業界で圧倒的なシェアを持っていたNECのパソコンのシリーズ名。x86ファミリまたはその互換CPUを搭載し、OSにMS-DOSWindowsを採用していたが、日本語表示用の漢字ROMやCバスなどを搭載しており、PC/AT互換機との互換性はない。PC/AT互換機で日本語を扱えるDOS/VやWindowsなどのOSが登場してから、急速にシェアを落としたため、PCIバスやATAなどの標準規格を積極的に取り入れるようになったが、シェアを回復するにはいたらず、事実上のPC/AT互換機であるPC98-NXシリーズに主役の座を譲った。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

PC-9800シリーズの関連情報