コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PC3200メモリー ぴーしーさんぜんにひゃくめもりー

1件 の用語解説(PC3200メモリーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

PC3200メモリー

DDRメモリーの規格名の1つで、3.2GB/secの転送速度を実現するメモリーモジュールを指す。通常のSDRAMRDRAMの場合は「PC133(133MHz対応)」や「PC1066(533MHz×2対応)」などCPUFSB(Front Side Bus)の動作周波数に対応した数字で記述するが、DDRメモリーの場合は「PC2700(2.7GB/sec)」や「PC3200(3.2GB/sec)」のように最大データ転送速度をもとに表記する。また「DDR400」という表記も使われるが、この場合は400MHzという動作周波数に対応した数字で記述される。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

PC3200メモリーの関連キーワードECCメモリー拡張メモリー揮発性メモリーDIMM不揮発性メモリー主メモリーマイクロSDメモリーカードミニSDメモリーカードメモリー空間メモリーダンプ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone