コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PCI Express ピー シー アイ エクスプレス

3件 の用語解説(PCI Expressの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

PCI Express

PCIバスの次世代規格。開発コード名「3GIO(3rd Generation I/O)」として、PCI-SIGによって策定が進められ、2002年に正式に発表された。データ転送にはシリアルインターフェースを採用し(PCIは、パラレル・インターフェース)、最大転送速度は2.5Gbps。レーンという単位でデータ転送速度を上げられ、レーンを2/4/8/16/32本と束ねて利用できる。たとえば、2本束ねると、通信速度は5Gbpsになる。特にPCI Express ×16は、AGPに代わるビデオカードのインターフェースとして一般化している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

PCI Express

現在主流の拡張インターフェースです。旧来のPCIより少ない端子数で、さらに高速なデータ通信が可能となったため、拡張カードの装着に加え、パソコン内部での部品の接続にも使われます。本体と画面が一体でない分離型のデスクトップパソコンには、PCI Expressの拡張スロットがあるのが一般的です。

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

PCI Express
ぴーしーあいえくすぷれす

コンピュータ内のCPU周辺機器をつなぐバス(信号路)の規格の一つ。PCI(Peripheral Component Interconnect)規格の開発と強化に取り組んでいる標準化団体のPCI-SIGによって、2002年に策定された。インテル社が開発を進めていた3GIO(3rd Generation I/O)がベースになっている。PCIの拡張版として開発されたのでExpressが付与され、PCIeやPCI-Exとも表記する。パラレル転送であるPCIに対して、シリアル転送を採用したことでバスの通信速度が向上している。そのため、ネットワークカードやUSBIEEE1394シリアルATAなどのインターフェイスカードなどに加えて、高速性を活かしたビデオカードやサウンドカードなどに採用されることが多い。PCIとPCI Expressとでは転送方法が異なるため、両者に互換性はない。
 PCI Expressでは、双方向で通信するために必要な最小限の構成の伝送路をレーンとよぶ。レーンを束ねることにより、高速化を図ることもできる。2、4、8、16と2の倍数で増えていき、最大32レーンまで可能で、それぞれx2、x4、x8、x16、x32と表記される。レーン数が増えることで端子部分が増えていき、ボード(カード)そのものや組み込み先であるスロットの形状も違ってくる。ただし、上位互換を保っているため、レーン数の少ないボードをレーン数の多いスロットに挿すことはできるようになっている。その他、PCI ExpressをベースとするPCカードの次世代規格であるExpressCardもあり、そのためのスロットを搭載したノートパソコンなども出回ってきている。
 なお、PCIの上位規格PCI-Xは、PCIと同一の転送方法でバスの動作周波数を高めたもので、PCI Expressとは異なる規格である。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

PCI Expressの関連キーワード開発コード名PCIバス開発コードネーム開発コードコード名バス規格PCIエクスプレスミニPCIファイヤーワイヤー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

PCI Expressの関連情報