PCT(コンゴ政党)(読み)ぴーしーてぃー

世界大百科事典内のPCT(コンゴ政党)の言及

【コンゴ共和国】より


[政治]
 軍部左派主導の政治は,ヌグアビ大統領の時期(1968‐77)からヨンビ・オパンゴJoachim Yhombi‐Opango大統領の時期(1977‐79)を経てサスー・ヌゲソDenis Sassou‐Nguesso大統領の時期(1979以降)へと移っていったが,これら政権の交代は大統領の暗殺(ヌグアビ)や解任(ヨンビ・オパンゴ)によるものであった。この間1969年にヌグアビは,マルクス=レーニン主義に基礎をおき民主集中制をその組織原則とするコンゴ労働党(PCT)を創設して三たび一党体制を確立し,軍部左派主導政権の強化をはかった。ついで国名が70年1月からコンゴ人民共和国と改められた。…

※「PCT(コンゴ政党)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android