PDCA

ビジネス用語集の解説

PDCA

PDCAとは、仕事をどのような過程で回す事が効率よく業務を行えるようになるかという
理論のことをいいます。

大二次世界大戦後にアメリカの物理学者ウォルター・シューハートと物理学者エドワーズ・デミングに
より提唱された理論で、Plan(計画)・Do(実行)・Check(点検・評価)・Act(改善処置)の頭文字を取って
PDCAサイクルと命名されました。
また、提唱者の名前を取ってシューハート・サイクルまたはデミング・サイクルと呼ばれる場合も
あるようです。

一連の業務を行う上で計画を立てて実行し、結果を評価後改善して次のステップへと繋げていく過程は
とても重要なことです。
この理論にはいくつかの考え方があり、、Plan(計画)・Do(実行)・See(振り返る)という観点からPDSと
呼ばれたり、Act(改善・処置)をAction(行動)に置き換えるという考え方も広まっています。

毎日の業務を遂行する上でいかに効率よくタイムスケジューリングし実行していくかは全ての職業人
掲げられる課題です。
日々のお仕事をしていく中で常に念頭に置くと良い理論といえるでしょう。

出典 転職.jpビジネス用語集について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

PDCAの関連情報