コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PETとCT

1件 の用語解説(PETとCTの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

PETとCT

PET(ポジトロン・エミッション・トモグラフィー)は陽電子放射断層撮影のこと。がん細胞が正常細胞よりブドウ糖を多く消費するという特性に注目し、ブドウ糖に似た薬剤を注入することで体内のブドウ糖の代謝を画像化してがんを見つける。CT(コンピューテッド・トモグラフィー)はコンピューター断層撮影で、広くコンピューターによる画像処理を指す。PETとCT組み合わせることで医療の検査及び解析は飛躍的に進んでいる。

(2008-02-11 朝日新聞 朝刊 石川全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

PETとCTの関連キーワードポジトロンエミッションエミッションコントロールポジトロンCTポジトロン断層撮影法ポジトロン放射断層撮影法ポジトロンエミッショントモグラフィーポジトロン放射断層撮影陽電子射出断層撮影陽電子射出断層撮影法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone