コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PFI刑務所

1件 の用語解説(PFI刑務所の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

PFI刑務所

民間の経営能力や技術を活用し、公共施設を建設したり運営したりするPFI(プライベートファイナンスイニシアチブ)方式の刑務所。4月に「美祢」(山口県)、10月1日に「播磨」(兵庫県)が開所し、「喜連川」は3番目。来年10月には「島根あさひ」(島根県)が開所予定だ。過剰収容状態を緩和するとともに経費削減を図るのが狙いという。ただ、4刑務所の定員は計6千人で、過剰状態の解消に必要とされる1万人に及ばない。収容されるのはいずれも罪の軽い初犯に限られ、「本当に必要なのは、職員の負担が重い犯罪傾向の進んだ受刑者を入れる施設だ」との声もある。

(2007-10-12 朝日新聞 朝刊 栃木全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

PFI刑務所の関連キーワードBOT方式PFI腕前公共施設OJT研修就農準備校PFI方式命名権事業公共施設の禁煙

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

PFI刑務所の関連情報