コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PIOモード

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

PIOモード

IDEインターフェイスにおけるデータ転送方式の一種。CPUがI/Oポートを直接アクセスして、IDEインターフェイスとデータのやり取りをする。ATA-2/3/4では、PIO Mode0~4まで定義されており、それぞれ3.3M/5.2M/8.3M/11.1M/16.7Mbytes/secという速度でデータを転送できる。1Gbytes以上のIDEハードディスクのほとんどは、PIOモード4に対応している。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

PIOモードの関連キーワードFast ATAFast ATA

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android