コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PL/I ぴーえるわん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

PL/I

1965年、米[[IBM社とユーザー団体であるSHAREが共同開発したプログラミング言語。当初NPL。当初NPL(New Programming Language)と呼ばれていた。ALGOL、COBOL、Fortranなどさまざまなプログラミング言語の機能を取り入れた共通言語として開発されたが、逆に肥大化しすぎて実用に耐えられなくなった。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ピーエルワン【PL/I】

コンピューターのプログラミング言語のひとつ。1960年代にIBMが開発。科学技術計算に向くFORTRANと事務処理計算に向くCOBOLの機能を取り込み、汎用性を高めた。主に同社のメインフレームで使われた。◇「programming language/I」の頭文字から。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

PL/I
ピーエルワン
Programming Language One

コンピュータ用プログラム言語の一種。科学技術計算用と事務処理用の両分野に共通して使われる。従来のプログラム言語であるフォートランアルゴル (いずれも科学技術計算用) とコボル (事務処理用) のすぐれた点を取入れ,1965年に IBM社が中心となってつくったプログラミング言語。簡単で効率がよく,コンピュータの活動分野の広がりに応じた機能をもつものとされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

PL/Iの関連キーワードマイクロコンピュータ構造化プログラミングソースプログラムコンパイラ高級言語

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android