コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PL/I ぴーえるわん

3件 の用語解説(PL/Iの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

PL/I

1965年、米[[IBM社ユーザー団体であるSHAREが共同開発したプログラミング言語。当初NPL。当初NPL(New Programming Language)と呼ばれていた。ALGOLCOBOL、Fortranなどさまざまなプログラミング言語の機能を取り入れた共通言語として開発されたが、逆に肥大化しすぎて実用に耐えられなくなった。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ピーエルワン【PL/I】

コンピューターのプログラミング言語のひとつ。1960年代にIBMが開発。科学技術計算に向くFORTRANと事務処理計算に向くCOBOLの機能を取り込み、汎用性を高めた。主に同社のメインフレームで使われた。◇「programming language/I」の頭文字から。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

PL/I
ピーエルワン
Programming Language One

コンピュータ用プログラム言語の一種。科学技術計算用と事務処理用の両分野に共通して使われる。従来のプログラム言語であるフォートランアルゴル (いずれも科学技術計算用) とコボル (事務処理用) のすぐれた点を取入れ,1965年に IBM社が中心となってつくったプログラミング言語。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

PL/Iの関連キーワードパワーユーザーユーザーユーザーIDユーザーファイルユーザーテストカジュアルユーザーライトユーザーユーザー体験インターネットユーザーネットユーザー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

PL/Iの関連情報