コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PRINT Image Matching

2件 の用語解説(PRINT Image Matchingの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

PRINT Image Matching

セイコーエプソン(株)が2001年3月に発表した、デジタルカメラ画像の印刷品質の向上を目的とした技術。デジタルカメラで撮影した画像をカラーインクジェットプリンターで印刷する際に、最適な印刷結果が得られることを目的とする。デジタルカメラの画像フォーマットとして普及しているExif(JPEG準拠)をベースとし、デジタルカメラ側が任意の情報を書き込める拡張領域(MakerNote)に、異なるメーカーでも一定の書式に基づいた情報を記述するもの。一般に、MakerNoteにはシャッター速度や絞り、マクロやデジタルズームの有無、ISO感度露出補正、撮影モードといった情報が独自形式で書き込まれている。これを共通形式として、カメラ固有の色特性や、カメラ側で指定した印刷の設定(ガンマや明るさなど)を情報として書き込み、対応したプリンタードライバーで解釈することによって最適な印刷モードの選択が可能となる。同社では、PRINT Image Matchingをデジタルカメラ画像フォーマットとして普及するべく他社にも働きかけており、3月の発表時点では国内のデジタルカメラメーカー8社が賛同を表明している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

PRINT Image Matching

 PIMと略すことが多い。エプソンが提唱しはじめたデジタルカメラとプリンタイメージマッチング規格。デジタルカメラ側とプリンタ側がPIMに対応していると、撮影時にガンマ、色空間、画質調整パラメータコントラスト、明るさなど)が画像データに書き込まれ、PIM対応プリンタはそれらのパラメータに沿って出力することで、撮影時の意図に正しく沿った出力が可能になるという。Exifと似たところもあるが、PIMではプリンタはデジタルカメラの指示通りに働きプリントするだけ。キヤノンコダックをのぞき、対応機種は豊富。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

PRINT Image Matchingの関連キーワードセイコーエプソンエプソマイトイムプソン石シンプソンの法則中村恒也

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone