コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PS 版

大辞林 第三版の解説

PS 版

〖presensitized plate〗
平版印刷に広く用いられる版材。薄いアルミ板に感光液が塗布してあり、製版時に原板の焼き付けができるもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のPS 版の言及

【写真】より

…写真製版には古くから重クロム酸塩の感光性を利用する重クロム酸卵白あるいはグルーが使われてきたが,この時代には材料の保存性が悪いため作業者がみずから製版用感光材料を準備しなければならなかった。1960年代になってジアゾ樹脂をアルミニウム板に塗布したPS版がオフセット印刷製版材料として開発され,重クロム酸塩の材料はしだいに姿を消した。また,光重合によって不溶化する感光性樹脂がアメリカのデュポン社によって凸版用材料として開発され,新聞印刷用の鉛版が感光性樹脂凸版に置きかえられるようになった。…

【平版】より

…写真製版の技術を応用して版をつくるいわゆる写真平版の場合は,画線は油脂色材による描画の代わりにコロイドの硬化層でつくられ,その表面に油脂があたえられる。写真平版の一種であるPS(pre‐sensitizedの略)版は,あらかじめメーカーにおいて感光膜を塗布して供給されるもので,光にあたって反応を起こすと,不溶性,あるいは親水性,または疎水性になる高分子を組み合わせて版を構成している。このほか,大量の印刷ができるものとして多層平版があり,これは油脂にぬれやすい金属(例えば銅)で画線を,水にぬれやすい金属(例えばクロム)で非画線を形成して,選択湿潤を合理化している。…

※「PS 版」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

PS 版の関連キーワードプランタンドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めてニッサンフェアレディZ432 PS30型ファンタシースターオンラインDeltaGraph ProGoogle Earth南アルプス市立春仙美術館マサチューセッツ湾詩篇集ロバート・J. リフトンオープンストリートマップGoogle AppsPSYCHOブルーバードP311型IEEE802・11知られざる日本の面影人工多能性幹細胞ハンガリー狂詩曲ポストスクリプトRhapsody吉井淳二美術館

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

PS 版の関連情報